1. HOME
  2. 事業内容
  3. 経営強化支援
  4. 補助金/助成金~新規事業を始めるために

経営強化支援

Management reinforcement support

経営強化支援

補助金/助成金~新規事業を始めるために

新しい事業を始めるにあたって

一般的に、新規事業を行うためには資金確保が必要です。
設備投資を行ったり、事務所・店舗を借りたり、商品・サービスの広告を行ったりと、様々な費用が必要となってきます。
資金が潤沢にある場合は問題ありませんが、ほとんどの場合、新たに資金確保を必要とするケースが多いです。
資金の調達方法としては、親戚や友人に借りる方法もありますが、国などが提供している融資、補助金、助成金などの制度を活用する方法もあります。

融資、補助金、助成金の違い

融資は、政府系金融機関を含む金融機関から借りるお金です。あとで返さないといけませんし、審査もあり利子もかかります。
補助金は、事業として使った費用について、あとから国や地方自治体などがその費用の一部(2/3や3/4など)を負担してくれる制度です。
代表的なものでは、小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、IT導入補助金などがあります。
補助金によっては採択率が低いものもありますし、一般的に、最初に事業者が費用の全額を負担しなければならないものであり、対象経費も決まっているため、費用の使い方について厳しい審査があるなど少し利用しにくい面もあります。
助成金は、雇用や賃金、教育などに関する受給条件を満たし、審査に通れば受給できるお金で、厚生労働省が制定しています。
助成金は後で返済する必要がありませんし、申請に問題がなければ先着順で必ず支給されます。
また、受給したお金の使い方も、規制されておらず、社員への教育費用、福利厚生の充実、賃金アップ、採用促進に使うことで、従業員個人の満足度を向上させることも可能です。もちろん新規事業への投資に使うことも問題ありません。

補助金の活用

当社では、事業再構築補助金、ものづくり補助金などの補助金申請サポートを行っています。
特に事業再構築補助金は、2021年3月から公募され、補助金の最大額や補助率が高いことから注目されている補助金です。
申請要件に3ヶ月の売上合計が10%減少していることという売上減少要件があります。
また認定経営革新等支援機関と一緒に事業計画を作成する必要があります。
ぜひ無料相談を活用願います。
Zoomオンラインによる全国サポートを行っております。
⇒⇒⇒ 補助金の詳細はこちら

助成金の活用

昨今の経済状況で、業績が悪化している中小企業が増加している状況で、資金不足が深刻な問題となっています。
生産性を向上させ、コスト削減を図ったり、新規顧客を開拓し売上を伸ばしたりして、資金不足を解消できる可能性もありますが、コロナ禍ではなかなか対策が難しい面もあります。新規事業に使用するだけでなく、短期的、慢性的な資金不足にも助成金は有効な手段です。
助成金は種類も多く、申請すればもらえるお金があるにもかかわらず、助成金を申請していないケースが極めて多いです。
背景として、厚生労働省の雇用系助成金の申請業務は、社労士法によって社労士の「独占業務」に定められていますが、顧問の社会保険労務士がいる場合でも、助成金を専門にしていない社会保険労務士も多く、また助成金の申請は書類を揃えたりするのに手間がかかるため、社会保険労務士が積極的に取り込んでくれない傾向にあります。
⇒⇒⇒ 助成金の詳細はこちら
(2020年度の無料診断の申込期限は2/24です)

まずは無料診断を!

このページに辿り着けた方へ。是非、無料診断を行うことをお勧めします。
弊社では、電話で簡単なヒアリングを行うだけで、助成金がどれだけもらえるかを見積り、後日電話でお伝えします。ここまでは完全無料です。
当社の助成金申請の特徴としては、費用がリーズナブルであり、面倒な書類の準備を当社がお手伝いすること、また社会保険労務士との間に入り充実した管理・サポート体制を構築している点などが挙げられます。
⇒⇒⇒ 補助金の詳細はこちら
⇒⇒⇒ 助成金の詳細はこちら
(2020年度の無料診断の申込期限は2/24です)